腸内環境を整え便秘を防ごう!

 

便秘は女性が悩むもの、と思われがちですが、実は男性にも便秘で悩んでいる人がとても多くいるのです。出してしまいたいのに出ないのは苦しいもの。お腹は張って来て、食欲も落ち、また、体臭や口臭が臭くなるところまでになってしまう重症の人もいます。こんな辛い状態にならないように、日頃から腸内環境を整えて、便秘を予防しましょう。まず大切なのは食物繊維を多く摂るということです。野菜を多く食べるようにしましょう。また、最近ではうどんなどの食品に健康目的で食物繊維が含ませてある場合があります。日頃から注意をして、そのような食品があれば積極的に摂取するように心がけましょう。腸内環境を整えるにはヨーグルトに含まれる乳酸菌が有効、ということはとても良く知られている事実です。ただヨーグルトの株によって効いたり効かなかったりがあるそうなので、自分で「これだ」と思えるヨーグルトに出会えるまで探してみることをお勧めします。運動不足も腸の働きを悪くする原因です。目的地の一駅手前で降りて歩くなど、簡単に出来る運動を毎日の生活に組み込む習慣を持ちましょう。仕事や人間関係のストレスもまた腸に良くない影響を与えます。ストレスを感じてきたら深呼吸をしたり、お茶を飲んでリラックスしたりなど、自分流のストレス解消法を見つけておくことも大切です。

 

腸内環境を整える善玉菌とは

 

普段から腸内環境を整えておくと、健康と美容の両面で効果が実感できます。健康の面で最も大きな効果に繋がるのは免疫力を高める働きです。免疫力を常に高めておけば感染症にかかるリスクを減らすことができますし、アレルギーにも対抗できる強い体に改善されるでしょう。
美容では美肌効果が得られます。腸内環境が整っていると代謝が活発に行われているので、血液循環が良くなり肌の美しさに繋がります。
便秘が続く時は腸内環境が悪化していることが考えられます。悪化した腸内環境を正常に戻すためには善玉菌を増やさなければなりません。腸内には善玉菌だけでなく悪玉菌も存在しており、悪玉菌が増えることで体の中に毒素を作り出します。毒素は血液中に溶け出して体中に運ばれていきます。これが肌トラブルや体調の悪化を引き起こすのです。
善玉菌を増やすためには、積極的にヨーグルトを食べたりサプリメントを利用するといいでしょう。ヨーグルトなら子供から大人まで誰にでも食べられますし、無理なく続けられる食品です。ただダイエット中の方は摂取カロリーが気になるので、糖分を含まないヨーグルトを食べたりサプリメントを利用しましょう。サプリメントならカロリーも味も気になりません。

 

善玉菌と悪玉菌の働き

 

善玉菌と悪玉菌の働きによって、腸内環境は栄枯盛衰を繰り返す性質があります。暴飲暴食の限りを尽くして、不規則な生活をすればお腹の状態は最悪になります。悪玉菌が優位の立場になれば、腸内で悪さを繰り返すようになります。腸内に入って老化を促進したり、消化機能を減退させることもします。大切な栄養が十分に吸収できなくなりますから、免疫力も衰えてしまう結果になります。

 

最悪なのは、普段は静観している日和見菌までも味方につけてしまうことです。健康な状態であれば、日和見菌は特に気にするものではありませんが、腸内環境が悪化した状態では悪の化身となってしまいます。善玉菌が優勢となれば良いわけですが、多くの人にとっては難しいことです。加齢によってビフィズス菌は減少するものですから、食事やサプリからも補う必要があります。

 

善玉菌を増やしてくれる食べ物を利用すれば、悪玉菌の活動は抑制できます。特に大切なのは、腸内環境の原動力となる食物繊維の不足をなくすことです。野菜が豊富な料理を食べていれば、腸内の有用菌が増えていきます。納豆からは納豆菌を摂取したり、ヨーグルトからは乳酸菌を吸収すると効果的です。乳酸菌は、キムチや鮒寿司を食べても豊富に摂取できます。

 

腸内環境悪化の原因:ストレス

 

ストレスは腸内環境を悪化させる原因になります。

 

腸は自律神経のなかでも副交感神経の支配をうけています。副交感神経とはリラックスしているときに優位になる神経です。また逆に昼間働いているときや緊張しているときに優位になるのが交感神経です。両者は片方が優位になると他方は働きが低下するという関係にあります。

 

ストレスを感じているときとは交感神経が優位になっている状態です。交感神経と副交感神経が優位になる時間帯が交互にバランス良く繰り返されているときは問題ありません。ところが緊張や不安を感じすぎて交感神経が優位になっている状態が長く続けばどうなるでしょうか。副交感神経に支配されている腸は活動することはできません。緊張すると便秘になったり、逆に下痢をする人がいますが、これは腸が正常に働いていないのが原因です。

 

腸が正常に機能しなくなれば腸内細菌のバランスも崩れてしまいます。悪玉菌が増え、善玉菌が減ってしまいます。そのことが腸の運動をさらに低下させます。腸は第2の脳ともいわれるように腸と脳は互いに影響を及ぼしあっています。ストレスを感じやすいのであればその発散を考えると同時に、腸に悪影響があらわれないように腸内環境の改善も考えるべきなのです。

2015/09/14 18:19:14 |
栄養バランスが良いスーパーフードの『ケール』健康食品の中で、ケールは昔からスーパーフードとして注目されています。今でこそ飲みやすくなった青汁ですが、基本的には青汁はケールを配合しているものが多いです。栄養価が高くて、様々な病気の予防にもなると期待をされています。普段の食生活が乱れていて、栄養バランスが偏ってている人は、朝食にケールが含まれている青汁を一杯追加するだけでもかなり違うって言いますね。毎日の食生活というのは、忙しく働く人にとっては、なかなか変えにくいものです。今の食生活をがらりと変えることが出来ない場合は、やっぱりあと一品追加で栄養を補完することが大事になってくると思います。栄養バラ...
2015/09/14 18:19:14 |
腸内環境悪化の原因:運動不足腸内環境が悪化すると腸の動きが鈍くなり便秘を引き起こして、血行不良を招く事で肩こりや腰痛を引き起こすなど健康面で悪影響が出る事がありますし、腸内に滞った毒素が血液に乗って皮膚に運ばれる事でニキビもできやすい状態になり美容面でも悪影響があります。そんな腸内環境の悪化は運動不足とも大きなつながりがあり便秘の原因だとも言われています。排便時には便を押し出す時に必要な腹直筋の働きが大きく関わっているのですが、運動不足の状態ですと腹直筋の筋力低下を招いてしまい腹直筋を使っていきむ事が難しくなってしまうので、腸の蠕動運動を促進する働きが悪くなりスムーズに便を肛門に運ぶ事ができな...
2015/09/14 18:19:14 |
腸内環境悪化の原因:食生活現代に多くみられる日本人の食生活は、欧米のような食事内容となっているようです。これは、腸内環境が悪化する原因のひとつとして、考えられています。例えば、多くの食品には動物性のタンパク質が含まれていますが、これを必要以上にとりいれている傾向があります。このことで、小腸で消化・吸収されなかった分が大腸にとどまり、有害物質や発がん性物質を発生させることになります。また、早食いや暴飲暴食の習慣も、 腸内環境を悪化させることにつながっていきます。現在では、加工食品がたくさん販売されていますが、これに含まれている食品添加剤や防腐剤などは、腸内の細菌にとっては有害であるといわれており...
2015/09/14 18:18:14 |
腸内環境検査の費用腸内には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類の細菌がいます。善玉菌は体にとって良い働きをする菌で、悪玉菌は便が臭くなるなど悪い方向に働く菌です。日和見菌はその時の体の調子などにより、どちらにも菌にもなる細菌で、腸内細菌のバランスは善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割が理想的です。腸内には免疫細胞が多数存在しており、腸内環境が整っていないと風邪や便秘、むくみ、アレルギー症状などさまざまな不快症状や感染症にかかりやすくなります。自分の腸内の環境を調べるフローラチェックという腸内環境検査があります。これは便を採取し、その中にふくまれている細菌を調べるものです。ビフィズ...
2015/09/14 18:18:14 |
腸内環境にオリゴ糖が必要な理由腸内環境を整えるには善玉菌を増やす事が大切です。代表的な善玉菌にビフィズス菌がありますが、ヨーグルトやサプリメントなどで体の外側から摂取する他に、腸内に生息しているビフィズス菌にとって住みやすい環境を作る事も重要になります。よくビフィズス菌サプリにオリゴ糖が配合されていることがあります。砂糖と同じく糖質なので、それ自体が腸内環境を整える働きはありません。しかし、腸内ではビフィズス菌のエサになるので、ビフィズス菌の働きを活性化させて善玉菌を増やす手助けになります。ビフィズス菌が活動するためには、十分な栄養分が必要です。オリゴ糖を一緒に摂取すると、それがビフィズス菌の...
2015/09/14 18:18:14 |
腸内環境が花粉症を左右する腸内環境は腸内フローラに大きく影響されています。腸内フローラとは腸管壁表面に存在する腸内細菌の群のことをいいます。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌があります。通常は善玉菌:悪玉菌=2:1の割合で存在することが理想的とされています。しかし肉の摂取などによって悪玉菌が増えてしまい腸内環境が崩れてしまいます。悪玉菌が過剰に増えてしまうと悪玉菌が体に様々な悪影響を及ぼすようになってしまいます。まず悪玉菌は有毒なガスを産生するようになります。これによって便秘や下痢がひどくなることがあります。また長期的にこの有毒なガスの影響を受けると大腸がんとなってしまう可能性すらあります。またそれだ...
2015/09/14 18:17:14 |
腸内環境は遺伝するのか人間の腸内には様々な細菌が存在しています。それらの細菌は腸内菌と呼ばれ、およそ100種類以上、数にして約100兆個もの細菌が人間の体内に生息しています。腸内環境とはその腸内菌が体内でどのような状態を保っているかという事で、元々その人間が持ち合わせている性質の他に生活習慣や加齢、男女差、ストレスの有無などによって日々様々に変化します。腸内環境のバランスが崩れると腸内に便を溜め込んでしまい、多くの病気の原因を作ってしまいます。この腸内環境を作る腸内菌の分布を腸内フローラといい、近年色々な研究が進められています。その一つが「腸内環境」は親子間で遺伝するか、というものです。腸内フ...
2015/09/14 18:17:14 |
腸内環境と免疫力について腸の役割は毎日の食事から栄養を吸収し、肝臓へ送ることで、それが全身の細胞へエネルギーを送り届けることにつながり、生命活動の維持にも関わる大切なものです。また、腸は栄養素の消化吸収だけではなく、食事と一緒に入ってきたウィルスや病原菌などの体に害となるものを排除するという大切な働きもしています。腸には免疫細胞の6割以上が存在しているとされており、腸内環境を整えることが免疫力をアップさせるのに役立つと言われています。つまりビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を腸の中に増やして腸内環境を整えると、食べ物の消化吸収を促進するだけでなく、病原菌を倒したり免疫力を高める働きもしてくれると...
2015/09/14 18:17:14 |
腸内環境を改善してアトピーを治そうアトピーは細菌類やほこりなどの微粒子が触れるもしくは皮膚内部に入り込むことによって、脳が有害物質が侵入したと信号を送ったことで活動を開始した抗体によって発生したものです。通常の抗体の働きであれば有害物質がなくなったあとに自然と収まるものですが、体のバランスを崩して有害物質に対しての防衛能力が衰えている体の場合では抗体の攻撃が負担となってしまい皮膚組織が耐え切れなくなり炎症を起こしてしまうのです。一度アトピーを発症すると再発リスクが高く継続したかゆみになってしまい日常生活に支障をきたすため、再発したときにできるだけ早く治す方法を知っておくと良いです。そのために重...
2015/09/14 18:16:14 |
腸内環境基礎知識|加齢による変化加齢による変化は腸内環境にも表れて、腸内細菌のバランスが崩れて有用菌が減少しやすくなります。この状況を放置すれば、生活習慣病にかかるリスクも増大しやすくなります。有害菌が優位の立場になれば、腸内の免疫力も減退してしまいます。ちょっとした気候の変化で病気になりやすくなり、便秘の症状が慢性的になる場合もあります。腸内環境を若い頃のように復活させるためには、減少してい有用菌を食事からも吸収する必要があります。乳酸菌は漬物や味噌などから摂取して、食物繊維も同時に吸収していきます。ヨーグルトも腸内環境の維持のために有用ですから、朝食などで食べる習慣をつけることも流行してい...